ゴミの分別なんてめんどくさい。なんていう方が多いでしょうが、分別をすると総合的にみてエコでお得なんです。

身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは
身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは

ゴミのエコ活動。分別することの利点とは

エコ活動が注目されて数年が経ちました。その中でも一番身近なのはゴミのリサイクル運動ではないでしょうか。しかし、お住まいの地区によっては分別の種類が事細かに決まっていたり、大雑把だったりします。現に、私が生まれ育った地区ではゴミの分別は「燃やす」「燃やさない」「紙・ダンボール」「缶・ビン・ペットボトル」だったのに対し、現在移り住んでいる地区ではそれに加え「プラスチック」「トレー」が追加されています。そしてこれは全国的にですが、スーパーや家電店でもゴミのリサイクル目的で専用のボックスを設置しています。ペットボトルやトレー、牛乳パックやコピー機のインク。しかし、人はめんどくさがるもので、中には分別は適当で「全部燃やせばいいじゃない」と燃やすゴミにポイポイ入れる人がいます。これ、実はものすごくもったいない事をしているんです。社会的に、ではなく、自分の財布の中身に対してです。

社会的に見れば分別=リサイクル=エコ、なんですが、そこに分別をする私たち消費者の利点はなんだろうと考えたとき、私はあることに気づきました。しっかり分別をすると、なんと!ゴミ袋の消費量が減ったのです。それまではほとんどを燃やすゴミにしていたため、燃やすゴミのゴミ袋がどんどん使っていたのですが、分別を事細かにしたところ、ゴミ袋を大量に買わなくてもすむようになったんです。スーパーで回収しているものは適当に余っている袋を専用の入れ物にして貯めておき、買い物ついでにスーパーでリサイクル。紙類は適当な紙袋か新聞屋さんがくれる袋に新聞と一緒にいれて、指定のゴミの日に出します。そうしていくと、ゴミ袋に入れる量が相対的に減ったのです。それまではゴミの回収日までベランダに溜まっていたゴミ袋も姿を消し、景観も良くなりました!そしてなにより、家計の節約にもなったのです。ゴミの分別をすることは社会的なエコ活動なだけじゃなく、財布の中身のエコ活動にも繋がっているようです。

Copyright (C)2017身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは.All rights reserved.