牛乳パックを分別して捨てるのが一般的です。スーパーマーケットにエコボックスがあり、そちらに入れます。

身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは
身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは

牛乳パックを分別して捨てるエコなスーパーが多い

自宅で飲むものとしては、まずお茶があります。大人であればビールがあり、子供であればジュースがあります。それ以外に冷蔵庫に常に常備されている飲み物と言えば何があるでしょうか。それは牛乳です。カルシウムが豊富で、子供のころは飲めば背が高くなるといわれたものです。小学生のときの給食では、ビンタイプのものが出されました。好きな子は余った牛乳を飲んでいる子がいました。そのまま飲むこともあれば、コーヒーなどに入れることもあります。

また、料理に使ったり、スイーツ作りに使ったり重宝する食材でもあります。アレルギーでなければよく購入するでしょう。この牛乳ですが、売られているときは牛乳パックに入っていることが多いです。それによって、輸送がしやすくなっています。紙ですが非常に丈夫ですから、簡単にはもれません。紙なので普通ごみとして捨てれば燃えますが、分別して捨てれば再利用できそうです。そこで、分けて捨てる人が多くなっています。どこが回収してくれるのでしょうか。

通常であればごみの収集場に持っていくのですが、牛乳パックに関してはあるところに持っていきます。それはスーパーマーケットです。こちらにおいて、エコボックスが用意されていて、そちらに入れることになります。注意としては、一定の処理をすることです。まずは水などでゆすぎます。そして解体をして、乾かします。その状態でボックスの中に入れるようにします。回収された後はパルプとなって、トイレットペーパーなどに変わります。

関連記事・情報

Copyright (C)2017身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは.All rights reserved.