ごみの分別をしない人間に対してきちんとした教育をすることだって、エコ活動の一環と言えるでしょう。

身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは
身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは

ごみの分別収集の意義をエコ的な観点からきちんと理解するべき

ごみの分別と言うのはもっとも身近なエコ活動の一つだと言えますが、人によっては意にも介さずまとめてごみを出すものです。そういった人間に詰め寄ったところでその場では次から気をつけるようなことを言ったとしても、いずれもとの木阿弥に戻るのは明らかなのだから、まずは分別の重要性やその効果をきちんと理解するところから始めなければなりません。それはきちんと分別をしている人も同じ事で、なぜ分別をするのかと言う問いに対して常に的確な返答が出来るようでなければ他人を説得することなど出来ないし、そんなことではいずれ自分も分別をしなくなるかもしれません。そうならないためにもごみの分別の意義はすべての人間がきちんと理解するべきでしょう。

そのために最も効果的なのが学校教育です。子供のころに身につけたことは大人になっても容易に忘れたりしないものですが、エコ活動に関しても子供にしっかりとした教育をすることで子ども自身はもちろんのこと、その親に対してもエコの重要性や、ごみの分別収集の意味を伝えることが出来るはずです。なんならエコに関する冊子を子供に配って感想文を宿題にするとかすれば、親も興味を持って冊子を見るかもしれないし、まさに一石二鳥でエコ教育が出来ると言うものです。ところでこういったことは行政などがもっと主体的に動いて、ひろくエコ活動を展開することが求められます。行政だからこそ出来ることはたくさんあるのだし、行政が中心になることで皆が本気でごみの分別などのエコ活動に積極的に参加するようになるはずです。

関連記事・情報

Copyright (C)2017身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは.All rights reserved.