ゴミを分別することでエコにつながっていく。分別にも細かい決まりがあり、サーポートをちゃんとしてほいこと。

身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは
身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは

分別をすりることでエコにつながる。

私が住む町では、大まかに資源ごみ、可燃ごみ、資源ごみ、粗大ごみ、スプレー缶に分けなければいけません資源ごみは更に細かく分別することが出来、プラスチック製品、ペットボトルや空き瓶、空き缶、紙などに分かれます。ペットボトルはラベルはちゃんと外して出したり、空き瓶の注ぎ口についているプラスチック製の部分も外してだします。この空き瓶についているプラスチック製の部分が外し辛い時が多く、大半が失敗してうまくはずす事が出来ず残る事が多いです。メーカーさんは外しやすいように改善してほしいです。このように資源ごみを細かくわけてリサイクルすることはエコにつながると思います。

最近、可燃ごみは100%プラスチックで出来ている商品は一緒に捨ててもいいことになりました。長年、プラスチック製品は粗大ごみに捨てていたので抵抗がありました。これは本当に持って行ってくれるのだろうかと、最初は可燃ごみの袋に入れるのに違和感がありましたが最近では一緒に捨てられるので便利です。その代わりなのか粗大ごみの回数が昔は週1回設けられていたのに1カ月に1回になりました。一か月に一回なので出しそびれたら、また1か月捨てることが出来ないのでとても不便になりました。しかも月一回だけにも関わらず日にち変更をされた事があり、それが伝わってこず大変な思いをしたことがあります。日にち変更などする時はだれでも観覧することができる市のホームページ等などにも記載して欲しいです。年末年始など祭日や祝日もゴミを回収してくれるか迷うことがあるので、ホームページで見れるようにしてほしいです

最初はエコの為と思っていても大変だったが分別することに関してはさほど大変ではなくなってきています。子供が生まれたことにより未来の為に少しでも自分が貢献できればいいと思うようになりました。まだまだ分別に関して、特に引っ越してきた人や外国人は戸惑うことが多いと思います。そうゆう方のサポートも必要だと思いました。

Copyright (C)2017身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは.All rights reserved.