最近はゴミの分別が非常に厳しくなっていますが、分別する事はエコに繋がりますが初めからゴミを出さない事が大切です

身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは
身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは

ゴミの分別をする前にゴミを減らす努力をする事がエコに繋がる

最近ゴミの分別が非常に厳しくなっています。私が学生の頃までは、ゴミの分別というのは今ほど厳しく無かったように思います。生ゴミもプラスチックもごちゃまぜでゴミの日に出していました。それがここ最近非常に細かくなったように感じます。

まず、ゴミは生ゴミとプラスチックを分けるという事です。今住んでいる地域ではしていないのですが、私の実家のほうでは、瓶を色ごとに分けて出していました。そしてゴミの仕分けをし始めて思う事は、プラスチックゴミが非常に多いと言う事です。生ゴミよりも多い量になります。私はスーパーで購入した肉や魚のトレイや卵のパック、ペットボトル、アルミ缶等スーパーで回収行っている物はスーパーで回収して貰います。回収して貰うだけでもゴミ袋のゴミの量は減りますし、ゴミ袋代の節約になります。

回収された容器等はその後どのようにされているのかは知らないのですが、リサイクルして頂けるなら、環境にも良いし非常にエコな活動だと思います。回収して頂ける仕組みは有りがたいのですが、スーパーも、食品メーカーも過重包装だと思う部分も多く有ります。昔の買い物袋をさげ、魚屋や八百屋、肉屋で買い物していた時代よりははるかに便利になったのだ思いますが、環境の事を考え出すと手間がかかっても自分たちで工夫して変えていく事がエコに繋がるのだと思います。私はエコ兼節約を兼ねて食品ラップは余り使わず出来るだけ蓋つきのタッパーで食品を保存したりするようにしています。こんなふうに自分で容器持っていったらどれに詰めてくれる等という仕組みを作ってもエコになるのではないかなと思いました。

関連記事・情報

Copyright (C)2017身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは.All rights reserved.