古紙を分別して捨てると、再利用できますからエコになります。新聞紙とコピー用紙とでも分けるようにします。

身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは
身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは

古紙を分別して捨てることでエコにつながる

会社では、ペーパレス化や、文書の電子化が進められています。それまで紙で出力していたものを、パソコン上で処理するのです。インターネットや電子メールが発達して可能になっています。では紙がなくなったかですが、まだまだ残っています。自社内では少なくなっても、他社に持っていくときには紙のほうが良いことがあります。また、他社から資料として紙をもらうこともあります。ビジネスにおいてはまだまだ紙は利用されていくと思います。

ビジネス以外にも、新聞紙などの紙があります。紙と言えばすぐに燃やせます。普通ごみとして出せば、すぐに灰になってしまいます。元々は木材ですから、木と同じように燃えるのです。紙については、分別して捨てることで、再利用することができるとされています。ですからエコにつながるのです。焼却してしまってはもったいないと言えます。このときには、どのように分けるかがあります。紙であればなんでもよいと思いがちですが、違うのです。

新聞紙においては、新聞紙の再利用の仕方があります。さらに別のコピー用紙ではそちらの方法があります。ですから、一緒にするのではなく、新聞は新聞、コピー用紙はコピー用紙で分類するのが良いのです。オフィスなどにおいてはどちらも大量に出るので、出す段階で分類するようにしているところがあります。新聞と一緒になっていることが多いチラシ広告ですが、こちらも本来であれば分類するほうがよいようです。分けておくと喜ばれます。

関連記事・情報

Copyright (C)2017身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは.All rights reserved.