廃油を分別して捨てると、業者が再利用してくれます。そのほか、自宅でも石鹸を作るエコなことができます。

身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは
身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは

廃油を分別して自宅でも再利用できるエコな活動

ダイエットの敵と言われているのが油です。油を使わずにする料理もあります。でも油は適度に摂ったほうが良いとされています。潤滑油のように使われるからです。摂りすぎに注意すればよいです。通常の料理においては、油は料理の中に入ってしまいますから、そのまま食べることが多いです。お皿についているものを洗うぐらいです。しかしある料理をするときには、油を大量に使います。それは揚げ物をするときです。このときはどのように使うでしょうか。

大量に使うだけにもったいないと思い何度も使う人がいます。しかし油は酸化しやすく、酸化したものは体には良くありません。その都度処分するのが良いのです。せいぜい近い日に2回ぐらいになるでしょう。その油といいますと、どのように捨てるかです。そのまま排水溝に流してはいけません。分別して捨てるために、廃油としてためておくことがあります。それを専門の業者にもって行くことがあります。簡単な方法は、固めたり、吸収させて、普通ごみとして捨てることもあります。

また、エコな活動としては、自宅で再利用することができるのです。石鹸と言いますと体を洗ったり、食器を洗ったりするのに使います。買ったり、もらったりします。こちらの原料は油脂です。油なのです。新しい油でも良いですが、廃油を使うこともできます。そこで、廃油を利用して石鹸を作れば、自宅でリサイクルすることが出来るのです。業者に渡せばコストがかかりますが、自宅で作ればコストもわずかしかかかりません。作る楽しみもあります。

関連記事・情報

Copyright (C)2017身近なエコ活動 ゴミを分別する利点とは.All rights reserved.